岡山の社会福祉法人の経営のご相談は社福経営サポートクラブにお任せください!税理士・公認会計士による専門サポート中!

社福経営サポートクラブ 社会福祉法人の経営・財務・税務サポート
運営

社会福祉法人専門コンサルティング

(株)創明コンサルティング・ブレイン

公認会計士・税理士 宮崎会計事務所

社会福祉法人Q&A

資金運用について

72万円で購入した短期所有の有価証券を80万円で売却しました。この場合の仕訳はどうなりますか。
また、予算設定を行っていなかった場合にはどうなりますか。

短期の有価証券を売却して、売却益が発生した場合の仕訳は次のとおりです。
(総勘定元帳系列の仕訳-損益計算)
予算については、これらの仕訳のうち、資金収支元帳系列の仕訳が資金収支計算書に反映されることになりますので、予算計上されている必要があります。
とくに、この場合の「流動資産評価減等による資金減少額等-有価証券売却益」の勘定科目については、普段ではなかなか使用しない科目であるので、勘定科目の設定から行う必要があるかもしれません。
社会福祉法人さま向け 初回無料経営相談
お申し込み・各種お問い合わせはこちら
無料経営相談

100件を超える社会福祉法人の経営支援実績を持つ、社福経営サポートクラブ(SSC)が解決します。お気軽にご相談ください。

0120-747-824

受付時間
(平日)9:00~17:30