岡山の社会福祉法人の経営のご相談は社福経営サポートクラブにお任せください!税理士・公認会計士による専門サポート中!

社福経営サポートクラブ 社会福祉法人の経営・財務・税務サポート
運営

社会福祉法人専門コンサルティング

(株)創明コンサルティング・ブレイン

公認会計士・税理士 宮崎会計事務所

スタッフブログ

就労支援事業の内部取引

会計について

2020年4月6日

決算前にやっておいて頂きたいのが、内部取引消去の確認です。

「〇〇区分繰入金収益(収入)」「〇〇区分繰入金費用(支出)」

または

「〇〇区分間貸付金」「〇〇区分間借入金」

 

が同額で計上されているか、のチェックを決算前に行っておくと

決算をスムーズに進められるので、大変おすすめです。

そして意外と抜けがちなのが就労支援事業とのやりとりの内部取引です。

 

例えば

A就労支援事業サービス区分からB特養サービス区分の来客用にお菓子を購入した場合

<A就労支援事業サービス区分>

現金  /  就労支援事業収益

 

<B特養サービス区分>

給食費   /   現金

 

仕訳としては、このようになりますがもちろんこれも内部取引ですので

相殺消去する必要があります!!

就労支援事業の内部取引消去については、会計基準にも書かれていますので確認

してみてください。

内部での売買をきちんと把握しておかないといけないので地味に大変な作業です(>_<)

社会福祉法人さま向け 初回無料経営相談
お申し込み・各種お問い合わせはこちら
無料経営相談

100件を超える社会福祉法人の経営支援実績を持つ、社福経営サポートクラブ(SSC)が解決します。お気軽にご相談ください。

0120-747-824

受付時間
(平日)9:00~17:30