岡山の社会福祉法人の経営のご相談は社福経営サポートクラブにお任せください!税理士・公認会計士による専門サポート中!

社福経営サポートクラブ 社会福祉法人の経営・財務・税務サポート
運営

社会福祉法人専門コンサルティング

(株)創明コンサルティング・ブレイン

公認会計士・税理士 宮崎会計事務所

(株)創明コンサルティング・ブレイン
公認会計士・税理士 宮崎会計事務所

〒702-8002 岡山県岡山市中区桑野713番地10
TEL:086-274-6177

スタッフブログ

賞与引当金②

決算処理について

2020年4月6日

前回の続きで、賞与引当金の仕訳についてお話していきます。

この賞与引当金の仕訳は色々な方法が考えられるのですが、実は経理規程細則に

定められているのをご存知ですか?私はつい最近知りました・・・(笑)

細則によると

 

※算定期間が夏:12~5月 冬:6~11月

<毎月計上時>

 

100 賞与引当金繰入(PL費用) / 賞与引当金(BS流動負債) 100

 

<夏季賞与支給時>

 

200 賞与引当金(BS流動負債) /  賞与引当金繰入(PL費用) 200

 

400 賞与引当金(BS流動負債) /  現金預金(BS流動資産) 400

 

200   職員賞与(PL費用)  /  現金預金(BS流動資産) 200

 

<冬季賞与支給時>

 

600  賞与引当金(BS流動負債)  /  現金預金(BS流動資産) 600

 

細則では、毎月賞与引当金を計上すること、また当該会計期間に計上した引当金を

支給する場合には、「賞与引当金繰入の控除項目」として計上すると書かれています。

ですので、夏季賞与支給時にはこのような仕訳になります。

細則で定めているのにその通りやっていないと、いつ指導監査で指摘されるか

わかりませんので、再度細則を読み込んで頂きご注意ください(>_<)

社会福祉法人さま向け 初回無料経営相談
お申し込み・各種お問い合わせはこちら
無料経営相談

100件を超える社会福祉法人の経営支援実績を持つ、社福経営サポートクラブ(SSC)が解決します。お気軽にご相談ください。

0120-747-824

受付時間
(平日)9:00~17:30