岡山の社会福祉法人の経営のご相談は社福経営サポートクラブにお任せください!税理士・公認会計士による専門サポート中!

社福経営サポートクラブ 社会福祉法人の経営・財務・税務サポート
運営

社会福祉法人専門コンサルティング

(株)創明コンサルティング・ブレイン

公認会計士・税理士 宮崎会計事務所

スタッフブログ

契約(支払承認)②

契約について

2020年4月6日

前回のお話の続きで随意契約の際、相見積もりがいらないのは、モデル経理規程

第74条第1項(2)~(7)の理由による随意契約の場合です。ですが、規程に書かれている理由がとても抽象的で大変わかりにくいです。。。実はこの規定の基になっている通知

(社会福祉法人における入札契約等の取扱いについて)を見ると、もうすこし具体的に

書かれておりわかりやすいので、ぜひ一度は目を通しておいてください!

 

例えば「(2)契約の性質又は目的が競争入札に適さない場合」は、

具体的にいいますと、「電気設備の増設をする予定だが、建物内部をよくわかっている

建物の施行業者にお願いしたほうがいい場合」となります。この場合値段ではなく、

技術面で選んでいるので、該当業者以外のお見積りは必要ありません。

どういった理由でその業者を選んだのか、これでもかというぐらいに伺い書(稟議書)に

理由を書き込んでいただき、相見積もりを省略するのもひとつの業務効率化になるかも

しれません(*^^*)

社会福祉法人さま向け 初回無料経営相談
お申し込み・各種お問い合わせはこちら
無料経営相談

100件を超える社会福祉法人の経営支援実績を持つ、社福経営サポートクラブ(SSC)が解決します。お気軽にご相談ください。

0120-747-824

受付時間
(平日)9:00~17:30