岡山の社会福祉法人の経営のご相談は社福経営サポートクラブにお任せください!税理士・公認会計士による専門サポート中!

社福経営サポートクラブ 社会福祉法人の経営・財務・税務サポート
運営

社会福祉法人専門コンサルティング

(株)創明コンサルティング・ブレイン

公認会計士・税理士 宮崎会計事務所

スタッフブログ

報酬の源泉徴収について

税金について

2020年9月9日

前回、税務調査について少しお話をしましたが社会福祉法人の税務調査で圧倒的に多く

見られるのは「所得税」です。どのようなものが調査で指摘されているかというと・・・

 

・職員旅行の費用を一部負担しましたが、半数以上参加できませんでした。

・法人内で研究発表会を行い、優秀者に金一封をあげた。

・遠くから通っているので、施設近くのアパートを提供したが家賃は全額法人が負担した。

 

上記のものはすべて職員に対する「給与」と捉えられるため、「所得税」がかかってきます。また、個人事業主に対する支払い(報酬)も所得税の課税対象ですがこの課税漏れが大変多いように思います。。

 

・講師に来てくださった先生に対する謝礼

・設計事務所に対する設計管理料

・チラシやHPのデザイン費用

 

この他にもたま~にいらっしゃるのが、士業の先生(司法書士や弁護士等)が

発行している請求書で源泉が控除されていない場合があります。

法人側で所得税がかかるかどうかを判断するのは難しいかもしれませんが、

源泉徴収義務者であるため最低限の知識はつけておきましょう!

社会福祉法人さま向け 初回無料経営相談
お申し込み・各種お問い合わせはこちら
無料経営相談

100件を超える社会福祉法人の経営支援実績を持つ、社福経営サポートクラブ(SSC)が解決します。お気軽にご相談ください。

0120-747-824

受付時間
(平日)9:00~17:30