岡山の社会福祉法人の経営のご相談は社福経営サポートクラブにお任せください!税理士・公認会計士による専門サポート中!

社福経営サポートクラブ 社会福祉法人の経営・財務・税務サポート
運営

社会福祉法人専門コンサルティング

(株)創明コンサルティング・ブレイン

公認会計士・税理士 宮崎会計事務所

スタッフブログ

コロナ対策慰労金について

会計について

2020年9月9日

すでに申請と支給が終わられている法人もあるかもしれませんが、今回はコロナ感染症の

助成金の中で慰労金についてお話します。

この慰労金は、利用者と接する職員で、令和2年3月22日から令和2年6月30日まで

の間に10日間以上勤務した人を対象としています。この期間に働いていてすでに退職され

た方も対象となりますので、お気を付けください。

対象者の方全員から「代理申請・受領の委任状」を徴集して申請を行いますので、

あくまでも法人としては代理で受領しているだけです。

ですので、会計処理としては収益・費用ではなく、通過勘定(預り金、立替金、仮払金、

仮受金等)を使用するのが妥当だと思われます。

もう1点注意が必要なのは支給の仕方です。支給方法は指定されておりませんので、

現金でも振込でもどのタイミングで行っても問題はありません。

事務処理として楽なのは、給与と一緒に支給する方法ですが、

慰労金は【給与】ではない為、所得税の計算を回さないよう給与処理を行ってください。

 

社会福祉法人さま向け 初回無料経営相談
お申し込み・各種お問い合わせはこちら
無料経営相談

100件を超える社会福祉法人の経営支援実績を持つ、社福経営サポートクラブ(SSC)が解決します。お気軽にご相談ください。

0120-747-824

受付時間
(平日)9:00~17:30