岡山の社会福祉法人の経営のご相談は社福経営サポートクラブにお任せください!税理士・公認会計士による専門サポート中!

社福経営サポートクラブ 社会福祉法人の経営・財務・税務サポート
運営

社会福祉法人専門コンサルティング

(株)創明コンサルティング・ブレイン

公認会計士・税理士 宮崎会計事務所

スタッフブログ

財産目録ソフトウェア取扱い

決算処理について

2020年11月24日

間が空いてしまいましたが決算のおさらいに戻ります。今回は財産目録についてです!
社会福祉法が改正されて財産目録の記載内容は大幅に変わりました。
中でも固定資産は、取得価額や減価償却累計額を記載しなければならなくなったので、
とっても面倒です。。。その固定資産の中でソフトウェアのような無形固定資産の場合、
償却期間が終わると残高は0になってしまうため、貸借対照表には載ってきません。
だからといって財産目録にも記載をしないというのは間違いです(>_<)
 法改正後の財産目録はあまり目録という機能というより、福祉充実残高を計算する
ための根拠資料という機能が強くなりました。ですから、償却し終わった無形固定資産の
「貸借対照評価額」は0であっても「減価償却累計額」に数字が載っていなければ、
充実残高を計算する上で損をしてしまいます。
 正直なお話をしますと私も今年もう少しで記載漏れるところでした。みなさんも再度
確認してみてくださいね。

社会福祉法人さま向け 初回無料経営相談
お申し込み・各種お問い合わせはこちら
無料経営相談

100件を超える社会福祉法人の経営支援実績を持つ、社福経営サポートクラブ(SSC)が解決します。お気軽にご相談ください。

0120-747-824

受付時間
(平日)9:00~17:30