資産の評価について | 岡山の社会福祉法人経営のご相談 社福経営サポートクラブ

岡山の社会福祉法人の経営のご相談は社福経営サポートクラブにお任せください!税理士・公認会計士による専門サポート中!

社福経営サポートクラブ 社会福祉法人の経営・財務・税務サポート
運営

社会福祉法人専門コンサルティング

(株)創明コンサルティング・ブレイン

公認会計士・税理士 宮崎会計事務所

(株)創明コンサルティング・ブレイン
公認会計士・税理士 宮崎会計事務所

〒702-8002 岡山県岡山市中区桑野713番地10
TEL:086-274-6177

スタッフブログ

資産の評価について

監査事項について

2018年4月24日

2回にわたってご説明してきました、資産の評価について今回が最後となります。

指導監査ガイドラインの<着眼点>にはこのように書かれています。

ーーーーーーーーーー

法人の資産を適正に表示するため、

会計年度の末日における時価がその時の取得価額

より著しく低い資産については、

当該資産の時価がその時の取得価額まで回復すると認められる場合を除き、

時価を付す(時価評価を行う)必要がある。

ーーーーーーーーーー

この「著しく低く」というのは

「50%を超えて下落している」と読みかえてください。

 

例えば、取得価額100万円だった土地が、

時価を出してみると40万円になっていたとすると、

土地の取得価額を40万円に置き直す会計処理をしなければなりません。

 

これが一般的に減損会計と呼ばれるものです。

 

仕訳としては・・・

600,000  その他の特別損失  /   土地   600,000

となり、併せて固定資産の登録も変更する必要がございます。

 

土地ですので、そんなに価値が下がることはなかなかございません。

ですが、調べてみるとぎりぎり50%だったなんていう法人様もいらっしゃいました(^_^;)

指摘されてしまう前に、このタイミングでぜひ一度調べてみてください!!

社会福祉法人さま向け 初回無料経営相談
お申し込み・各種お問い合わせはこちら
無料経営相談

100件を超える社会福祉法人の経営支援実績を持つ、社福経営サポートクラブ(SSC)が解決します。お気軽にご相談ください。

0120-747-824

受付時間
(平日)9:00~17:30