岡山の社会福祉法人の経営のご相談は社福経営サポートクラブにお任せください!税理士・公認会計士による専門サポート中!

社福経営サポートクラブ 社会福祉法人の経営・財務・税務サポート
運営

社会福祉法人専門コンサルティング

(株)創明コンサルティング・ブレイン

公認会計士・税理士 宮崎会計事務所

スタッフブログ

契約(支払承認)①

契約について

2020年4月6日

指導監査では新規固定資産購入や大規模修繕について必ずチェックされると思います。

その際どういったところをチェックしているかというと、購入(支払承認)の過程を見ています。この支払承認の過程については、お客様からもよく問い合わせを頂きます。

中でもよく聞かれるのが

「相見積もりって絶対にとらなきゃいけないでしょうか?」

というお問い合わせです。

 

回答としてはNOです。

 

相見積もりは「絶対(・ ・)」ではありません。

相見積もりが必要なのは、モデル経理規程第74条第1項(1)

「売買、賃貸借、請負その他の契約でその予定価格が1,000万円を超えない場合」

これを理由に随意契約を結んでいる場合です。その場合には、契約の種類や金額に応じて

2社又は3社の見積もりが必要になります。

 

では、どんな場合には相見積もりが必要ないのか、それは次回お話したいと思います^^

社会福祉法人さま向け 初回無料経営相談
お申し込み・各種お問い合わせはこちら
無料経営相談

100件を超える社会福祉法人の経営支援実績を持つ、社福経営サポートクラブ(SSC)が解決します。お気軽にご相談ください。

0120-747-824

受付時間
(平日)9:00~17:30