岡山の社会福祉法人の経営のご相談は社福経営サポートクラブにお任せください!税理士・公認会計士による専門サポート中!

社福経営サポートクラブ 社会福祉法人の経営・財務・税務サポート
運営

社会福祉法人専門コンサルティング

(株)創明コンサルティング・ブレイン

公認会計士・税理士 宮崎会計事務所

スタッフブログ

リース資産

決算処理について

2020年11月24日

今回の決算の中でもうひとつ私が疑問に思ったのは、

「リース資産の償却し終わったものが残っているのはおかしいのでは?」というものです。

リース会計処理をした場合にこの「リース資産」は発生するのですが、耐用年数はリース期間となります。

つまり、償却が終わったということは、リース期間も終わっているのでそのタイミングで再リースをかけるのか、
または物品であれば購入をするのかを選ぶことになるかと思います。

どちらを選ぶにしても、契約をし直す形になるとおもいますので現状登録している固定資産は除却をするのが
正しい処理と思われます。

その後の対応としては・・・

① 再リースの場合・・・総額が300万円以下であれば【賃借料】
             総額が300万円以上であれば同様にリース会計
② 買取の場合・・・金額が10万円以下であれば【消耗器具備品費等】
           金額が10万円以上であれば【固定資産科目】

リース会計をされている法人様はお気をつけください!

社会福祉法人さま向け 初回無料経営相談
お申し込み・各種お問い合わせはこちら
無料経営相談

100件を超える社会福祉法人の経営支援実績を持つ、社福経営サポートクラブ(SSC)が解決します。お気軽にご相談ください。

0120-747-824

受付時間
(平日)9:00~17:30