岡山の社会福祉法人の経営のご相談は社福経営サポートクラブにお任せください!税理士・公認会計士による専門サポート中!

社福経営サポートクラブ 社会福祉法人の経営・財務・税務サポート
運営

社会福祉法人専門コンサルティング

(株)創明コンサルティング・ブレイン

公認会計士・税理士 宮崎会計事務所

(株)創明コンサルティング・ブレイン
公認会計士・税理士 宮崎会計事務所

〒702-8002 岡山県岡山市中区桑野713番地10
TEL:086-274-6177

スタッフブログ

続・保育園の収入科目について

保育事業について

2016年10月13日

前回からの続きで、保育園の収入科目についてお話します。

収入科目で間違いやすいのが、「一時預かり」や「延長保育」の利用者から直接頂いている利用料の処理です。

旧基準では、「私的契約利用料収益(収入)」で処理をしていましたが、
新会計基準からは「補助金事業収益(収入)」に含まれることになりました。

補助金事業収益(収入)
保育所等に関連する事業に対して地方公共団体等からの補助金事業収益をいう。補助金事業に係る利用者からの収益を含む。

このとき注意しておきたいのが、決算の際に作成する「補助金事業等収益明細書」の書き方です。

交付金額 補助金事業に係る利用者からの収益 交付金額等合計
90,000 10,000 100,000

市からの補助金も利用者からの利用料もどちらも「補助金事業収益(収入)」で仕訳をきりますが、明細書ではその内訳を見せるようになっています。

これをふまえた上で「補助金事業収益(収入)」科目に【補助金】と【利用者からの収益】と区別がつくよう補助科目を設定しておくと管理しやすいと思います^^

社会福祉法人さま向け 初回無料経営相談
お申し込み・各種お問い合わせはこちら
無料経営相談

100件を超える社会福祉法人の経営支援実績を持つ、社福経営サポートクラブ(SSC)が解決します。お気軽にご相談ください。

0120-747-824

受付時間
(平日)9:00~17:30